中小企業人材確保のための 奨学金返還支援事業

バーチャル合同企業説明会

建設・IT・ものづくり企業に技術者として就職したい方へ 参加無料 アバターで参加!バーチャル合同企業説明会 令和6年6月11日(火)・6月12日(水) 文系・理系学部問わず対象 服装自由顔出し不要 ES不要 参加企業20社(予定) 建設・IT・ものづくり企業に技術者として就職したい方へ 参加無料 アバターで参加!バーチャル合同企業説明会 令和6年6月11日(火)・6月12日(水) 文系・理系学部問わず対象 服装自由顔出し不要 ES不要 参加企業20社(予定)

新入社員の奨学金返還支援に意欲的な
建設・IT・ものづくり分野の都内中小企業と直接交流できる
「バーチャル合同企業説明会」
を開催します

「バーチャル合同企業説明会」ではアバターを使って近くの人と話したり、会場内を自由に動けます。
バーチャルでの参加方法については開催前にご案内しますので、お気軽にご参加ください!

開催日
令和6611(火)・12(水)
時 間
【午前の部】10:00〜12:00
【午後の部】14:00〜16:00
対 象
大学生等
(令和6年度・7年度卒、既卒3年以内・30歳未満の方)
参加方法
バーチャルスペース「oVice」を利用します
※PCでのChrome(Windows,Mac)利用の推奨。通信料については、ご参加いただく方の負担となります。
中小企業人材確保のための
奨学金返還支援事業とは?
建設・IT・ものづくりの登録企業で働きながら
奨学金返還の助成を受けられます。

奨学金の貸与を受けている大学生等のみなさんが、登録企業に技術者(正社員)として就職した後、1年間継続して勤務し、適切に奨学金返還を行った場合、奨学金返還費用相当額の一部を助成する制度です。未経験からでも挑戦できる技術系職種もあるため、手に職をつけながらキャリアを形成できます。

どれくらい助成を
受けられるの?
最大150万円の助成金で
返済期間を短縮

東京都と登録企業が半分ずつ費用を出し合って、奨学金返還費用相当額の一部を最大3年間にわたり支援していきます。助成金は最大150万円。原則「繰上返還」方式で返済残額が減る仕組みで、返済期間の短縮につながります。

※日本学生支援機構の第一種奨学金・第二種奨学金等が対象です。奨学金返還残高(利息分を除く)が助成の上限となります。

登録企業ってどんな会社?
手に職をつけられる
東京の建設・IT・ものづくり企業

東京都内に拠点を持つ建設・IT・ものづくり分野の中小企業が、登録企業として参加しています。理系専攻者はもちろん、文系からでも将来技術者になるためにキャリアを描くことも可能です。

中小企業人材確保のための
奨学金返還支援事業
登録者(大学生等)
お申込みについて

お問合せ

「自分が事業の対象になるかどうか知りたい」「申し込みの流れについて詳しい説明を受けたい」など、不明点・ご質問はお気軽にお問い合わせいただけます。

中小企業人材確保のための
奨学金返還支援事業事務局
TEL:03-6734-1228
[受付時間]月〜金曜日9:00〜17:00
※土日・祝日及び年末年始はお休みです。
トップページ サイトポリシー 個人情報保護方針 サイトマップ

お問い合わせ先

中小企業人材確保のための

奨学金返還支援事業事務局

03-6734-1228

[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00 ※土日・祝日及び年末年始はお休みです。

Copyright © 2023 Tokyo Foundation for Employment Services All rights reserved.